建築界のノーベル賞「プリツカー賞」 今年の受賞者は初のインド人!

インド出身の建築家バルクリシュナ・ドーシ氏

photo by VSF

 

こんにちは!Miraist編集部です。みなさんは、「プリツカー賞」をご存知でしょうか?プリツカー賞は、「建築界のノーベル賞」とも言われており、建築を通じて人類や環境に一貫した意義深い貢献をしてきた、存命の建築家に与えられます。今年で40周年になるこの賞ですが、受賞者には、インド出身の建築家バルクリシュナ・ドーシ(Balkrishna  Doshi)がインド人で初めて選ばれました。5月には、カナダ・トロントのアガ・カーン博物館で授賞式が開催されました。

 

 

バルクリシュナ・ドーシ氏のアトリエ

photo by VSF

 

世界から認められたドーシ

1927年インド西部の都市プネーで生まれ、現在90歳のドーシ。若い頃から才能が認められ、20歳のときに建築家になろうと決意。インド最難関のSir JJ Collage of Architectureに進学します。1954年には近代建築の三大巨匠のひとり、ル・コルビュジエのもとで働き、1962年からは、彼の代表作のひとつである、アーメダバードにあるインド経済大学院・バンガロール校のデザインを手がけました。ドーシは、建築家だけでなく都市計画家、そして教育者としても活躍し、国内外から高い評価を受けています。

 

 

絵画や映像を展示している洞窟のような空間

photo by VSF

ドーシがデザインしたKamala House

photo by VFS

 

 

見学できる彼のスタジオ

ドーシは、インド西部に位置するアーメダバードを拠点として活動しています。

自身の設計事務所を1980年にデザインしました。(上写真)

円筒形の建物が印象的ですね。

このスタジオは「Sangath(サンガト)」と呼ばれており、一般客が見学することも可能なんだとか。

13時から13時半までがオープンタイムで、事前予約なしで見学できるそうです。

 

 

インドの伝統的な寺院建築

photo by VSF

 

彼の手がけたデザイン

ドーシは1950年代はじめにパリに渡り、西洋的なモダニズムを学びながらも、インドの文化や風土を考えて建築物を造りました。

 

 

photo by VSF

 

これはドーシがデザインした、建築・デザイン系の学部があるCEPT大学(Centre for Environmental Planning and Technology University)。

 

 

photo by VSF

 

また、彼はインド・インドールの集合住宅「Aranya Low Cost Housing」もデザインしています。低所得者向けのローコスト住宅です。

 

 

Aranya Low Cost Housing

photo by VSF

 

このピンク色の建物は、1980年代に、住宅不足を解決するべくデザインされました。空間をうまく使い、少しでも多くの人が住めるようになっているようです。現在は、6500世帯に約8万人が住んでいます。

 

 

3階建ての集合住宅

photo by VSF

 

インド社会に貢献するデザイン

インド国民に貢献したいという思いから、公共機関や教育の分野で様々なプロジェクトを手がけてきた彼。今まで100以上のプロジェクトに携わってきました。今回のプリツカー賞では、環境、文化、そして経済的な側面を考慮し、サスティナブルな建築物を母国に残したという、社会に対する大きな貢献が評価されました。

 

子ども時代に「極度の貧困」を経験したというドーシは、建築界で最も栄誉ある賞を受賞したことで、インドの公共住宅事情に注目が集まることを期待しています。「そうした人(貧困層の人)たちは、土地もなければ仕事もない」「だが政府が少しの土地を与えれば、『一生懸命働いて、自分の家を建てよう』と思うことができる」とドーシは語ります。(CNN.co.jpより)

 

インドの歴史と文化に誇りを持ちながら、70年もの長きにわたり、人生をかけてインド人の生活を少しでもよいものにしようと建築デザインを手がけた彼。素晴らしいですね!

 

 

参考

casabrutus.com

CNN.co.jp

hindustantimes

The Pritzker Architecture Prize