”インド流” 誕生日の祝い方!Miraistメンバーでお祝い!

誕生日ケーキ

 

こんにちは!Miraist編集部です。

昨日はMiraistインド人スタッフ、Diksha(ディクシャ)のお誕生日でした!

Miraistメンバーだけでなく同フロアの他オフィスからも人が集まり、みんなでお祝いしました。

今回は、その様子とインドの誕生日事情をお届けします!

 

 

みんなからHappy Birthday Songを歌ってもらっているDiksha

 

ケーキでお祝い!

まずは、みんなでハッピーバースデーソングを歌います。

和やかな雰囲気でDikshaをお祝い!

嬉しそうなDikshaですが、早くケーキを食べたくて仕方なさそうでした(笑)

 

 

誕生日ケーキ

 

ケーキを持って嬉しそうなDiksha

 

上司である Varun が Diksha のもとへ、にこにこしながら歩み寄ります。

そして………

 

ケーキを顔面に投げつけている様子

 

「ぐちゃっっっ!!!!」

 

生クリームがたっぷりのケーキが、間髪入れず顔面まっしぐら!!!

 

 

顔面にケーキをぶつけた後笑い合う2人のインド人スタッフ

 

 

どうしてもケーキをもっと顔面につけたいVarun とそれをどうにかして避けようとするDiksha。

2人の熾烈な闘いはしばらく続いていました(笑)

本当に愉快な仲間たちです。

 

インドではこのように顔にケーキを塗ることが多いです。

「おめでとう!!Happy Birthday!!」

と、ケーキを塗られた後にはみんなからお祝いの言葉と拍手が送られます。

 

 

花束を持ちみんなから祝福されるMiraistメンバーのDiksha

 

お花ももらって、幸せそうなDiksha。(今年で25歳になりました!)

そのあとも続いてみんなDikshaのもとへ行き、顔にクリームやケーキのトッピングを付けていきます。

 

 

Miraist代表の関野とDiksha

 

インド人女性がよく眉間に赤い印をつけていますが、それと同じような位置に、代表関野はケーキの上にあった赤いフルーツを付けました。ちなみに、その赤い印は「ビンディー」と呼ばれています!それに関する記事はこちら

 

 

Dikshaの頭の上にチョコレートを乗せる中村

 

同じくMiraistメンバーの中村はケーキに乗っていたホワイトチョコレートを「ティアラにしちゃえ!」と頭に乗せ始めました。

なんでもありです(笑)

 

 

AakankshaとDiksha

 

Miraistインド人スタッフのAakankshaは、「Happy Birthday Dikshaaaa」と書かれたプレートをおでこにベタッ!

意外と落ちないものですね…!

 

 

クリームだらけになったDiksha

 

顔面真っ白なDiksha。

こんなにクリームをつけたらお肌もしっとり保湿されそうですね!

みんなからチョコレートケーキを口に運んでもらっています(笑)

 

 

トイレで顔を洗ったDiksha

 

一通りお祝いが終わったあとは、トイレで顔に付いたケーキを密かに落としていました。

綺麗さっぱり!!

何事もなかったように仕事に戻ります。

 

 

誕生日に渡した色とりどりのバラ

 

 

インドの誕生日は豪華!

インドではどうやってお祝いするの?と聞いたところ、家族や親戚、そして友達と集まってお祝いしたり、夜にご飯を食べに行ったりするんだと教えてくれました。驚いたのが、盛大にお祝いしたりお出かけしたりするため誕生日に丸1日仕事を休む人もいるということ。インド人にとって、誕生日はビッグイベントなんです。

 

また、誕生日の主役である本人からのおもてなしも手厚いようです。友達はプレゼントを渡すのですが、そのお返しを本人が全員分用意するんだとか!これは「リターンギフト」と呼ばれています。いつもの感謝の気持ちを込めて、本人が友達をレストランに連れて行って、全員分おごる文化もあります。

 

さらに、ケーキを1日2回食べる人も多いようです!誕生日を迎える瞬間、夜中12時にケーキを食べ、また夕食前にもケーキを食べます。ダイエットをしていてもその日はケーキを食べても大丈夫だそうです!(笑)

 

 

集合写真

 

いつもとにかく明るいDiksha。

 

お誕生日おめでとう!!

素敵な1年になりますように!