第3回 日印防災ワークショップ 開催

 

3月18日 「第3回 日印防災ワークショップ」がインド ニューデリーで開催された。ワークショップには日本・インド両国から政府関係者、防災研究機関の専門家ら約140名が参加した。

 

このワークショップは、2017年9月からインド内務省と日本の内閣府の共同で開催されているものであり、防災分野における協力の発展と関係促進のために締結した協力覚書に基づいている。第3回目の今回は、防災分野における研究機関、都市、民間の連携強化を目的として開催された。

 

日本の代表団からは、平松賢司 駐インド特命全権大使、政府関係者、主要研究機関の専門家、民間企業が参加した。

 

「インド・日本 二国間での協力は、早期警戒システムの改善、科学技術の適用などの分野で強化されるべきです。」とインド首相補佐官のPK Mishraイ氏は述べている。

 

参考

Krishi Jagran