来場者が1億人!?世界最大の全裸沐浴祭り「クンブメーラ」とは

世界最大の沐浴祭りクンブメーラ

photo by The Hindu FAQs

 

 

こんにちは!Miraist編集部です。みなさんはインドのお祭りと聞いて、何を思い浮かべますか?最近は色の粉を掛け合う「ホーリー祭」の人気が高まっていますが、今回はインドで開催される世界最大の沐浴のお祭り「クンブメーラ」をご紹介します!

 

 

お祭りには1億人が参加する!?

このクンブメーラが誇るのは、世界最大の参加する人数。その数なんと1億人!!全国各地からヒンドゥー教徒が集まって、聖なる川で沐浴を行います。クンブメーラは3年ごとに場所が変わります。アラハバード、ナーシク、ウジャイン、ハリドワール。この4つの神聖な地域を巡るため、12年ごとに同じ場所に戻ってくるのですが、敬虔なヒンドゥー教徒は3年ごとに沐浴をしに行くのだそうです。ちなみに、沐浴をすると罪が浄化され、洗い流されると言われています。この中でも最大規模になるのが、アラハバードで開催されるときの「マハ・クンブメーラ」。

 

 

沐浴する男性

photo by Fancycrave on Unsplash1

混沌とした世界

毎回4月から5月にかけて、1ヶ月半開催されます。この祭りでは、宗教的な議論をしたり、ヒンドゥー聖歌を大勢で合唱したり、聖人と貧困者が参加する大規模な炊き出しが行われたり。川の付近でテントを張って人々が生活し、音楽が鳴り響き、見渡す限り人に溢れ、混沌とした世界が広がっています。

 

 

聖なる灰を塗ったヒンドゥー教の修行者サドゥ

photo by tripoto

 

様々な修行をする人たち

「サドゥ」と呼ばれる、世俗を放棄したヒンドゥー教徒の修行者たちは、服をまとわず沐浴します。

サドゥの中にも「ナーガ」と呼ばれる人たちがいます。彼らは、普段からふんどし1枚、もしくは全裸で生活をしており、髪や髭を切ることはなく、写真のように、白っぽいビブーティという聖なる灰を身体に塗っているそうです。

苦行をしている人も多く、右手を20年前にあげてから一度も降ろしていない人がいたり、後ろ向きにしか歩かないと決めた人がいたり、片足で歩く人がいたり…と様々なサドゥがいるんだとか。苦行を自分の身体に強いることで、悟りに至ることができると信じられています。

 

 

photo by Fares Nimri on Unsplash

 

 

まとめ

1億人が集まる、世界最大の祭典。

ヒンドゥー教徒ではない人も訪れることができるようです。

お祭り好きな人、混沌としたインドを味わいたい人は、ぜひ訪れてみては?

 

 

参考

The Hindu FAQs

compathy magazine