“カバディ”と連呼する鬼ごっこ!?意外と知られていないインドのスポーツ!

photo by Hindustan Times

 

みなさん、カバディというスポーツをご存知でしょうか?

マイナースポーツの中でも、意外と知名度が高いカバディ。

主に南アジアで人気があり、およそ数千年の歴史を持つ競技なのです。

今回はとてもユニークなインド発のスポーツ、カバディをご紹介します。

 

 

そもそも、カバディとはどのようなスポーツなのでしょうか?

一言で言うと、「カバディ、カバディ、カバディ…」と繰り返し言いながら闘う、鬼ごっこ。

 

こう聞くと誰でもできそうな気がしますが、実はこれ、とっても激しいスポーツなんです。

 

photo by indianexpress.com

 

 

ルールは至って簡単で、1チーム7人組で行うチーム戦。

攻撃側の1人と、逃げる守備側の7人で闘います。

 

攻撃側が守備側の人間にタッチしてポイントを稼ぐのですが、

タッチしたら攻撃側の人は自分のコートに戻らなければなりません。

 

ここで大事なのは、攻撃側は、一息でカバディ、カバディ、と言い続けなければならないことです。

一息です!

息を途中で吸ったり、少しでも咳をしたらアウト。

 

守備側の7人は、攻撃側の1人を相手のコートに返すまいとみんなで捕まえます。

 

photo by Rediff.com

 

 

動画を見たのですが、ラグビーのように勢いよく襲いかかっていました。

 

そして驚いたのが、「カバディ」と言っていない…!?

全然聞こえません。本当に言っているのか?と疑ってしまいました。

そこのルールはゆるいのでしょうか。

 

気になる「カバディ」の意味ですが、特に意味はありません

「カバディ」と無心に言うことで身体と心が一体になり、不思議な活力が醸し出されるという説もあるようです。

 

photo by Indiantimes.com

 

 

マイナーなスポーツだと思われていますが、なんと2016年にはカバディのワールドカップがインドで開催されています。

優勝を勝ち取ったのは、インド!やってくれました。

 

MIraistのインド人スタッフにカバディのことを聞いてみたところ、カバディは田舎の方で人気があると教えてくれました。インド全体ではやはりクリケットが人気らしいです。

「クリケットにかなうものはないね!」とも言っていました。

 

たしかに、インドのスポーツといえばクリケットのイメージを持つ人も多いと思いますが、カバディというおもしろいスポーツがあることを覚えていただけたら嬉しいです。

 

これであなたもカバディ通!

 

 

参考

日本カバディ協会