インド女性の額の真ん中についてる「赤いアレ」ってなに?

 

インド人の女性がおでこにつけている赤い印。

なんと呼ばれているかご存知でしょうか?

「ビンディ」です。

 

ビンディはサンスクリット語の「Bindu」が語源で、「点」という意味があります。

ヒンドゥー教では眉間は特別な場所とされており、物事の真実を見極める第三の目とも言われています。

 

最近ではファッションとなりつつあります。

キラキラしているもの、フェルト生地でできているもの、

丸いもの、細長いもの、しずくの形のもの…。

色も形も素材も様々で、服(サリー)に合わせて同色系のビンディをつけるんだそうです。

 

もともとは赤い粉を塗っていたのですが、

今はシール状のものもお店で売っており、つけるもの簡単。

おめかしの必須アイテムなんだとか。

街中でも眉間にビンディをつけている小さい女の子をよく見かけます。

お母さんと同じビンディをつけていたり、

姉妹そろって色違いのビンディをつけていたり。

インドの女性にとって、ビンディ選びはおしゃれのひとつなんです。

 

 

photo by cashsuvidha.com いろんな種類があるビンディ

 

 

 

 

また、「シンドゥール」というものもあります。

これは、髪の生え際につける赤い粉で、結婚している女性がつけます。

既婚の印なので、未婚女性はつけません。

 

インドの結婚式で新郎が新婦にこの粉をつける儀式があり、

インド人女性にとって、とても大事な瞬間とされています。

その後は、夫の長生きや健康を願って毎日つけます。

シャワーで落ちるため、メイクと同じ感覚で、毎朝つけるんだそう。

夫が亡くなった場合は、シンドゥールをつける必要はありません。

 

ファッション的な意味合いが強いビンディとは違って、

シンドゥールは宗教的な意味合いがあるんですね。

 

photo by getjar

 

いかがでしたか?

インドに来た祭は、ぜひビンディでおしゃれを楽しんでみては!

安いものだと10個で20ルピー(日本円で35円ほど)で買えますよ!