最新投資まとめ ~Peakon、Hiring Hub、Ola India~

最新投資まとめ

 

Peakon

デンマークで従業員用プラットフォームを提供する Peakon は、以前販売したシリーズBの売り上げが3,000万ユーロに達したことを発表した。

IT系のスタートアップやWebに関するニュースを配信するアメリカのメディア会社 TechCrunchによると、Peakonは現在、3つの分野に焦点を当てている。従業員のエンゲージメント、従業員同士での問題が発生する前に予防する仕組み作り、及びPeakonにとっての競合企業分析である。

これらの取り組みは、ロンドンに拠点を置く大手ベンチャーキャピタル会社Atomicoを主導に、EQT Ventures、 IDInvest Partners、Balderton Capital、Sunstoneの投資家から支援を受けた。Peakonは最新の資金で、エンジニア部門に投資を行い、シリーズBの北米での導入を3倍に増やす予定である。

 

Hiring Hub

イギリスを拠点とするオンライン求人広告代理店 Hiring Hub は、725万ポンドの投資を受け、プラットフォームの開発、チームの拡大、販売及びマーケティング活動の強化を行なっている。2017年Hiring Hubは、技術強化のためMaven Capital Partners、VentureFoundersの投資家から135万ポンド受け取った。

 

Ola India

インドでオンライン配車アプリを提供するOla India は、韓国の大手自動車メーカーグループ Hyundai Motor Group から3億米ドルを調達し、ライバル会社であるUber とのドライバーや顧客競争を支援すると発表した。自動車メーカーのKia Motorsを含むHyundai GroupはOlaと連携して、電気自動車、インド市場に特化したインフラを開発する予定だ。Hyundai Motor Group の他にもSoftBank Group CorpとTencent Holdings Ltd.がOla に投資を行なっている。

 

参考

SIA