インドの明日を作った「自由の布」!ガンディーも織ったカディとは

インドの国旗

photo by GO DISHA

 

こんにちは!Miraist編集部です。みなさんは、インドの綿布「カディ(Khadi)」をご存知でしょうか?一本一本手で紡ぎ出した綿の糸から作られるカディ。機械生産では作り出すことのできない、手織りならではの独特の風合いと手触りが特徴です。実は、カディは独立運動のシンボルでもあるんです。

 

 

糸を紡ぐガンディー

photo by yourstory

 

ただの布ではない!

カディは、インドの人々にとって象徴的な織物です。過去インドは英国に支配されていました。ガンディーは、「自分たちのものは自分たちで作ろう」とカディを自ら手で紡ぎ、織って着用し、英国の勢力に抵抗したことでも有名で、歴史と思想が反映されている布です。ガンジーは「Khadi is not just a cloth. It is thought. (カディはただの布ではない。思想である)」という言葉を残しています。

 

 

マルタン・シン インタビュー映像

photo by マルタン・シン インタビュー映像「In Conversation with Martand Singh: Handmade in Rajasthan project for Rajasthan with Prasad Bidapa」より

 

カディを世界に広めた人

また、カディを世界に広めた人に、マルタン・シン(Martand Singh、1947-2017)があげられます。彼は50年もの間、伝統織物であるインド・テキスタイルをはじめとして、遺産保全や展示など、幅広い文化復興活動をしたことで知られています。マルタン・シンは、インドの独立、雇用、死生、創造という観点からカディを「自由の布」と呼び、この綿布で仕立てられる衣服、カディ・クルタ(Kurta)を日常着として纏っていたようです。クルタは今日でも、セレモニーの正装として、ある時は寝間着として、多岐にわたる場面で着られています。

ガンディーの思想を受け継ぎながら、カディの再発見と復興に注力したマルタン・シンによって、インド・テキスタイルは世界に伝播しました。

 

 

Gujarat Vidyapithの学生による瞑想とカディの糸を紡ぐ時間

photo by 岡本憲昭  Gujarat Vidyapithの学生による瞑想とカディの糸を紡ぐ時間

 

 カディ × 日本ブランド

また、日本を代表するブランドとして、世界中にトレンドを発信しているISSEY MIYAKEでは、1980年代からマルタン・シンとのコラボレーションを通じて、インド文化との対話ともいえる衣服づくりを行ってきました。

そして、2018年5月25日より、京都を中心とする東西の人や文化を繋げていくコミュニケーションスペース ISSEY MIYAKE KYOTOのKURA(蔵)にて「Khadi インドのものづくり – Homage to Martand Singh -」が開催されています。

6月24日まで開催しているので、インドのものづくりを知りたい方、ぜひ訪れてみては?

 

 

■ISSEY MIYAKE KYOTO 展覧会
「Khadi インドのものづくり – Homage to Martand Singh – 」 展
会期:5月25日(金)~6月24日(日)
会場:ISSEY MIYAKE KYOTO KURA (蔵)ギャラリー
住所:京都府京都市中京区柳馬場通三条下ル槌屋町89
TEL:075-254-7540
営業時間:11:00~20:00

Webサイトはこちら

 

 

「Khadi インドのものづくり - Homage to Martand Singh - 」 展の広告

 

 

参考

FASHION PRESS

ISSEY MIYAKE INC.

;