ヤマハ発動機 8年連続で「インディアデザインマーク」賞を受賞

 

ヤマハ発動機 8年連続で「インディアデザインマーク」賞を受賞

 

 

2019年4月2日、ヤマハ発電機株式会社は、子会社であるIndia Yamaha Motor Private Limited が製造・販売するオートバイYZF-R15がインドデザインカウンシル主催のデザイン賞「インディアデザインマーク」賞を受賞したと発表した。

同社製品の受賞は、第1回の2012年から8年連続であり、YZF-R15は、2012年に続き2度目の受賞となる。

 

YZF-R15は、YZF-Rシリーズ独特のボディデザイン、スポーティな走行、快適な乗り心地、都心部で乗りやすさなどが特徴の150ccクラスのスーパースポーツモデルである。2008年に発売されたYZF-R15は、移動手段としてのバイクが主流のインド市場に、「走りを楽しむ」という新しい価値観を提案している。

 

インド デザインカウンシルは、インド商務産業省と提携しており、日本デザイン復興会とのパートナーシップ契約により、デザイン賞「インディアデザインマーク」を創設した。

 

参考

The Japan Times

YAMAHA