これからが旬のインドで、グローバルキャリアを創ってみませんか?

インドではたらく

ついに覚醒し始めた10年後の世界最大マーケット、インド。今後の世界の中心になることは間違いありません。他アジア諸国に比べ日本人がまだ少なく、今なら先駆者としてキャリアを積むことができます。

インドではたらく魅力next

インドでは、英語力・コミュニケーション力・多様性への順応性など、今グローバルパーソンとして世界から求められている全ての経験を積むことができます。

世界最大の人口=世界最大のマーケット
国連の統計によると2030年までにインドの人口は約15億人となり、中国を超えて世界一となることが予想されております。それは世界の人口の約18%にあたります。また平均年齢中央値も現在日本の45歳・中国の35歳と比較し、インドは24歳と若く長期的な人口ボーナスが予想され、世界最大のマーケットとして期待されています。
英語力を高められる環境
あまり知られてはいませんがインドはアメリカに次いで世界第二位のEnglish Speaker人口が多い国です。元々イギリスに統治をされていた過去経緯から、英国英語を源流とした独自の英語文化が発達しました。このインド英語独特のアクセントはありますが、慣れると特に問題は無いです。
グローバルパーソンとして鍛えられます
ヒンディー語・英語を始めとする22の公用語、ヒンドゥー教を含め多数の宗教があるなどダイバーシティ溢れる環境です。またインド人は交渉能力に長けていると言われており、インド人とのコミュニケーションを通じてネゴシエーションスキルを身につけることができます。

インドで求められる日本人next

2009年の627社から約5年間で倍増、現在1,209社の日系企業がインドに進出をしており、インド市場の有望性拡大とともに進出社数は年々増加の一途を辿っています。

現地日系進出企業は、インドが製造業の誘致に力を入れていることもあり、自動車・電気関連などのメーカーや商社を中心として増加しています。近年は通信会社・金融・コンサルティング・各種サービスと業種は多岐に渡ります。職種としては、主に営業職・カスタマーサポート職・事務職(営業事務や総務)が多いです。中でも営業ポジションの引き合いは強く、日本では入社難易度の高い大手ブランド企業での就業や、スタートアップ企業で起業の疑似体験も可能です。また現場の営業や駐在員のサポート業務などのバックオフィスのニーズも恒常的に多いです。

インドではたらきながら生活するnext

インドでの働きながらの生活は想像しにくいと思いますが、予想よりも住みやすいという声をよく聞きます。日本よりも就業時間にはメリハリがつくようになり、定時後や週末等にヨガ・英語レッスンや旅行など思い思いに時間を過ごす方が多いです。

勤務条件
外国人がインド就業する際には、就労VISA取得基準を超える給与提示が必要であり、年間25,000USドル(約300万円)が一つの基準となります。これはインド人のホワイトカラー平均給与の約3倍に当たり、当地で生活するには問題ない水準となります。勿論これまでの経験などプラス評価・勘案されて最終的に提示されますので、約300万円~500万円(年間)の間での給与提示が一般的とお考え下さい。また各社ごとに各種福利厚生もございます。
住宅

単身者の方であれば、約2万ルピー~3万ルピー(約36,000円~54,000円)程度が、日本人が住んでいる家賃の相場です。部屋は1BHK(日本でいう1LDK。約45~50m2)から2BHK(2LDK。約50~60m2)などになります。これに家具を付けるとプラス1万ルピー(18,000円)となります。お手洗いは勿論水洗式。お風呂は基本的にはシャワーとなります。

ダイニングルーム

シャワールーム

交通手段

デリー・グルガオン・ムンバイなど都市部ではメトロ(鉄道)が整備されております。家から駅、駅からオフィスなど目的地への移動はタクシーや、よりリーズナブルなオートリキシャーでの移動が一般的です。最近では、UBERやORA CABなどのアプリ配車サービスが流行っています。アプリでボタンを押すと近くにいるタクシーがすぐ来るサービスです。料金も格安です。

オートリキシャー

食生活(外食)

都市部の発展に伴い欧米系のファーストフードチェーンや、スターバックスのようなカフェも増えています。ハンバーガーセットなどは約150~200ルピー(約270~360円)程度です。また清潔なインド料理系ファーストフード店も増えており、カレーとナンとのセットでやはり約150ルピー(約270円)程度で食べることが可能です。日本食レストランは日本人増加に伴い、少しずつ増加しておりランチであれば600ルピー(約1,080円)程度です。

インドのフュージョン料理

カフェのパンケーキ

食生活(自炊)

インドの食材は大変安く、野菜は例えばジャガイモ・玉ねぎ・ニンジンなどを1週間分購入したとしても200ルピー(360円)程度です。米も日本産ではないものの、遜色のない味のものが購入できます。週末に一週間分の料理を作りこんで冷凍している方もいらっしゃいます。
デリー・グルガオンには、日本の食材を扱う「大和屋」があります。日本の食材はほぼ揃いますが、価格は日本と比べ倍になります。インド産のカリフォルニア米、豆腐、味噌など人気があります。

スーパーの店内

治安
他のアジア諸国と同等の認識・注意が必要です。街中で声をかけてくる知らない人への同行はしないことは勿論のことですが、女性は肌の露出を控えた衣服を選んで頂き、夜間は立ち入ったことのない地域へは近づかないようにして下さい。
就業後や週末の過ごし方

一般的な企業の終業時間は18時前後です。帰宅前にモール等でショッピングをする方もいらっしゃいますし、近くのレストランで友人と会食をすることもできます。週末にはお習い事(ヨガ、ボリウッドダンス、英語やヒンディー語)やリラクゼーション(アーユルベーダ、マッサージ)で息抜きをしたり、おしゃれなカフェで読書をして過ごすこともできます。またインド国内には多くの世界遺産を有する観光地がありますので、積極的に旅行に行かれる方もいらっしゃいます。

サービスの流れnext

以下の全てのサービスは無料でご提供いたします。

お問い合わせ
こちらから無料相談にお申込みください。必要情報の入力をお願いします。
キャリアコンサルタントとの面談
これまでのあなたのご経験やご希望条件をお伺いし、マッチする求人をご紹介します。事前に履歴書・職務経歴書・英文レジュメを頂ければ、より良い面談ができますのでご準備お願い致します。書類の書き方等もアドバイスをさせて頂きます。面談は、状況に応じて直接面談/SKYPE/電話にて行います。
※ご経験によってはご期待に添える求人がご紹介できない場合もございます。ご了承頂ければ幸いです。
企業への応募
ご希望の求人がございましたら、キャリアコンサルタントが当該企業への応募手続きを致します。面談時に頂いた情報(経験や想い)をあなたに代わりましてアピールをさせて頂きます。
面談
書類選考が合格しましたら、面接に進んで頂きます。あなたと企業の間に入り調整しますので、ご就業中の方もストレス無く日程調整を行うことができます。また面接のアドバイスもさせて頂きます。
内定・意思決定
選考プロセスが終了、内定が確定しまたらオファー内容をご確認頂き、入社意思の有無を決定頂きます。ご遠慮なくご不明点をご相談頂きまして、そのご意思を弊社経由にて企業側にお伝え致します。
入社・アフターフォロー
入社日までのフォローは勿論、入社後もアフターフォローを致しますので、ご安心下さい。

代表者からの一言

「最も可能性を秘めた2国間関係」
「日印以上に重大な影響力を与える戦略的な関係は考えられない」

上記は、インドと日本の首脳会談で語られた言葉です。現在、両国の関係はこれまでで最も良好であり、今後の経済的な面での結び付きはますます大きく太くなっていくでしょう。ただし、人的交流という意味では残念ながらまだまだ少ないというのが実情です。外務省によると海外在留邦人数は、中国約13.3万人、タイ約6.4万人、シンガポール3.5万人ですが、インドでは8,313名となっております。
出展:外務省(http://www.mofa.go.jp/mofaj/

この状況下、インドの現状についてどれだけの日本人が理解しているでしょうか。かくいう私も前職でインド駐在を経験するまでは正直、何も分かっていませんでした。そんな私をインドで待っていたのはアジアの中でも随一の経済発展。自分が頑張れば頑張るほど結果に表れる、こんなに働いていて「ワクワクドキドキする」環境は他にあるだろうかということでした。働いていてこんなに遣り甲斐を感じ、楽しいと思うことは日本では経験できませんでした。多くのインド人も優秀であり、我々が学ぶべきものも多いと思います。しかし、勿論都合が良いことばかりではありません。英語の壁、習慣の違い、食べ物の違いなどハードシップも正直あります。しかし、それらをも楽しいと感じられる時、どの環境でも対応していける真のグローバルパーソンになれるのではと思います。また、在留邦人数の少なさはポジティブに言うとチャンスであり、アジアにおいて貴重なブルーオーシャンと言えるとも思います。

もし少しでもインドで働くことに興味をお持ちなられた方は、是非弊社までお問い合わせを頂ければと思います。すぐに転職をするつもりはないという方でも結構です。少しでもインドへの理解を深めて頂ければ幸甚ですので、お気軽にご連絡下さい。

インドについて、お仕事について、
何か気になることがあれば、お気軽にお問合せください!

お問い合わせ

求人企業の皆さまはこちら