「食を通じ、安全と健康を届けたい」 インドで起業した日本人女性 HASORA八田飛鳥さんインタビュー


皆さんこんにちは。Miraist Woman 編集長の大角です。

今回のMiraist Womanゲストは、HASORA 共同創業者 八田飛鳥さんです。

飛鳥さんは、2016 年5月にインドでオーガニック野菜のデリバリーサービス『HASORA』を双子の姉、舞さんと一緒に立ち上げました。食を通じ、安全と健康をお客様に届けたいという想いから、インドで起業する道を選んだ飛鳥さん。

「インドで働く女性」というカテゴリーですらまだ珍しいのに「インドで起業する女性」というのはもっともっと珍しい存在。

そんな八田姉妹の活動は数多くのメディアが注目し、すでにたくさんのインタビューでお二方の活躍は取り上げられておりますが、私もこの度ようやくインタビューを実現することができました。

 

八田飛鳥さんのこれまでの経歴

*Miraist とHASORAの合同創業パーティの様子

千葉県出身。アメリカのカリフォルニア州立大学を卒業後、日本にて起業家支援のコンサル会社へ入社。社会起業家支援プログラム等の担当を行うなど、特にアーリー・ベンチャーを中心とした起業支援に携わった。
その後、インドに渡りリクルートインド法人(RGF)の立ち上げに従事。その後、インドの「食」環境に変化を起こしたいと双子の姉と共にHASORA(ハソラ)の立ち上げを決意。2016年5月にHASORAORGANICINDIAPVT.LTD を設立。インド生活5年目に突入する。

 

今回、八田さんにはこれまでの経歴と、インドに来てからの仕事、生活の様子、そしてインドで起業してから現在に到るまでの想いについてお話をお伺いしました。

 

多様な価値観に触れ、人生を変えた「アメリカ留学」

海外に興味を持ったきっかけは、中学2年生の時に参加したアメリカ、ワシントン州でのサマーキャンプ。初めて親元を離れ見た海外の世界は、当時の飛鳥さんにはとても大きな可能性を感じさせ「いつか海外にいきたい!」という想いを強くさせたとのこと。その後は高校、専門学校と留学準備にあて、念願だったアメリカ留学の切符を手に入れました。

アメリカのカリフォルニア州立大学では国際関係学を専攻。とても刺激的な環境と同時に、待っていたのはとてもハードな現実だったといいます。

 

八田さん「19歳で渡米しました。まずはじめに大変だったのは言語。アメリカ留学の準備学校で、がっつり英語を勉強してきたつもりでしたが、待っていた現実は厳しいものでした。初日の授業は、本当に何も聞き取れず、クラスメイトが教室を去っていくのを見て、授業が終わったことを知りました(笑)

悔し涙からの留学生活。とにかく必死でした。毎日、ボイスレコーダーで授業の録音をし、家に帰って、毎日繰り返し、繰り返し聞きました。それでも、わからない場合は、アメリカ人のルームメイトに聞いたり。授業についていくのに必死で、毎日夜遅くまで、図書館やカフェで勉強していました。

アメリカの大学の授業では、自分の意見を基にディスカッションをする機会が多くあります。また、授業中に発言することが良しとされているので、常に「あなたはどう思うか?」を問われました。アメリカの厳しい部分は、自分の意見をはっきり言わないと空気のように扱われること。英語は話せて当たり前の国なので、言語が苦手は、理由にならない。

私の場合、実際に授業中に、発言出来るようになったのは、留学してから1年半後でした。言語は、あくまでもコミュニケーションツールであることを知り、日本人としてのアイデンティティや価値観、世界観、思考習慣などに、人生で初めて向き合った時期だったと思います。

また、当時女子ラクロス部に入ったのですが、アジア人は私だけ。試合中のちょっとしたコーチの指示やチームメイトとの会話が聞き取れない。そんな中、チームメイトとの信頼関係を築くことにとても苦労したことを覚えています。

部活と授業の両立にも苦労しましたね。あの頃は、自分が本当にダメだな。とか、かっこ悪いなとか。そんなことを、思うことも多くありましたよ。悔しすぎて、泣くことも多かったですね。

でも、今思えば、全力でぶつかったあの4年間があったからこそ、今の自分がいると思っています。かけがえのないたくさんの出逢いがあり、多くの方に助けてもらいましたね。私にとってあの留学経験が、自分の考え方や人生観を変えたと言っても過言ではありません。当時のルームメイトとは、今でもたまに連絡を取っています。本当に様々な国の人と過ごし、刺激的な経験でした。

 

NIC同窓会インタビューにおいては「1年くらいの留学だと日本の価値観から見ることで精一杯だけれど、3、4年もいると、自分の価値観はいろいろな価値観がある中の一つでしかないということがわかる。」と述べていた飛鳥さん。

アメリカというタフな環境は、今の飛鳥さんの礎を作ったのかもしれません。

 

 

 

戸惑いながらの日本での就職活動。

カリフォルニア州立大学を卒業後は、一旦日本へ帰国。

日本では卒業して直ぐ働くこと、いわゆる「新卒で働く」ことは当たり前ですが、アメリカではもっと幅広い選択肢があります。就職活動も卒業後からスタートする学生も多くいるため、飛鳥さんも、日本帰国後に本格的に就職活動を始めました。

しかし、日本では「新卒ブランド」が強く、一度「既卒枠」にはめられてしまった飛鳥さんは、当時の就職活動でなかなか苦労したとのこと。同時に、2008年リーマンショックの時期に重なったため、殆どの企業が積極的に採用活動を行っていませんでした。

 

 

八田さん「そもそも、日本の就職活動って異様な光景だったりしますよね。皆がリクルートスーツを着て、同じような姿でまるで個性がない。アメリカから戻ったばかりだったので、暫くは逆カルチャーショックでした。」

大学2,3年生の頃から、漠然と「いつかは起業したい」と思っていたのですが、その時は、自分がどんな事業をしたいのかが、まだはっきりしていませんでした。とにかく色んな人に会ったりしていたのですが「これだ!」というものは見つけられず。

就活中、ある企業の最終面接まで行ったのですが「あなたは本当にこの会社で働きたいですか」の問いに、心から返事することができない自分がいました。結局、それまでの選考結果はよかったものの、そのつまづきで採用してもらうことができず不合格に。

その違和感を感じた経験から「きちんと自分のやりたいことをしなきゃ…」と心を改めました。

 

何度も選考を重ね、最後はご縁があり、アーリー・ベンチャーを中心とした起業支援家支援をする企業に入社することに。「いつかは起業したい」という飛鳥さんのモチベーションに合う職場環境の中で、たくさんの起業家支援や起業家との出逢いを通じ、経験を積んでいきました。

 

 

社会人3年目、初めてインドへ。新たなフィールドを見つける。

八田さん:社会人3年目、2011年に震災があった1週間後、姉がいるインドに旅行することになったんです。姉が以前からインドで働いていたので、会いに行こうかなと思いました。

これがインドとの関わりのスタートなのですが、当時はインドがすごく好き、というわけではありませんでした。旅行をしているといろんなインド人に絡まれたり、生活をするにもハードなことが多すぎました。何をするにも「大変だな」と感じていたのです。

同時に思ったことが「インドはまだまだ穴だらけである」ということ。そこにはたくさんのチャンスが有るように見えたのです。私は結構直感が強いタイプなのですが、インドに来たときに、次自分が挑戦するフィールドはここなのではないかと、直感を感じました。

そこで日本の会社を辞め、インドに渡ることを決めました。1つ目の会社で勤めた年数は約3年間。会社の仕事もすごく充実していたのですが、一度しかない人生。やりたいことに全力で挑戦する自分でありたいと思いました。「迷った時には、厳しい道を選べ」という言葉に後押しされ、インドに行くことを決めました

 

 

大角:不安や迷いは一切なかったのでしょうか。

 

 

八田さん:不安はあったけど「やる」と一度決めてしまったので。また、姉がすでにインドにいるということはすごく安心感がありました。

インドに渡ってからは、農村の人たちが抱える問題を解決するようなソーシャルビジネスを立ち上げることを計画し、しばらく調査期間にあてていたのですが、インドの問題はいろいろありすぎて、まだ来たばかりの私には何から手をつけていいかよくわかりませんでした。そこで一旦就職して、この国のことをもっと理解していくことから始めようと決めたのです。

 

 

大角:そこから今の私と同じ、人材コンサルタントとしての仕事をスタートされたのですよね。その当時の様子も教えていただけますでしょうか。

 

 

八田さん:まず、インドでは立ち上げ期の会社で働きたいと考えていました。人数が少なく、仕事面でチャレンジ出来る環境が良いなと。また、どんな人と一緒に働くかも自分にとっては、大事なポイントでした。もともと父が、リクルート出身で人事や人材の仕事に長年携わっていたので、自分にとって、人材の仕事は身近な存在でしたね。そして、ご縁あって、リクルートインド法人立ち上げメンバーとして、採用されることになりました。

1年目はすごく小さいチームで、上司とインド人メンバーと私の3人しかいませんでした。その頃は、毎日夜遅くまで働いて大変だったけど、楽しかった。入社当初、売上の数字が全然出せずに苦労した時期があったのですが、少しずつ結果が出せるように。アジア拠点の中でも、インド拠点が売上達成率No.1として結果が出せた時は、本当にうれしかったです!

 

 

大角:結果に結び付けられた要因は何だと思いますか。

 

 

八田さん:まずは、売上に合わせてチームの人数を増やしていったことですね。信頼関係が基盤にある強いチームを作ることを意識しました。「当たり前」が違う環境で仕事をするので、当初はメンバーとのコミュニケーションを大切にしました。

なぜ、それが良いのか?そのやり方だと、どのようなメリットがあるのか?デメリットは?なぜ、それだと良くないのか?日本では、言わなくても伝わることでも、インドでは、細かい部分も相手が納得するまで、しっかりコミュニケーションを取りました。

途中、ぶつかって、喧嘩することとかも実はあったのですが、チームのやり方をしっかり揃えていったことで実績が伴ってきました。

 

 

大角:2013年からインドで就業をスタートされていますが、インドの変化を感じることはありますか。

 

 

八田さん:すごく色んなことが急速に変化したと思います。Uber(タクシーのマッチングアプリ)のような便利なサービスが充実してきたのはここ数年です。Uberがない時代は、タクシーの運転手に高い金額をふっかけられたりして、喧嘩したり、交渉で消耗することが多々あり、すごく大変でした。

インドで働いている日本人女性も少なかったです。最近は、20代前半でインド就職をされた方やインターン生など、どんどん若い日本人女性が増えてきている印象があります。

 

 

大角:HASORAを起業しようという気持ちは、いつくらいから思っていましたか。

 

 

八田さん:HASORAを創業する1年前くらいから悩んでいましたが、最終的なきっかけになったのは大好きな祖母が急に他界した事でした。今まで元気だった祖母が突然です。誰も、初めは受け入れられず、落ち込みました。

そのとき、当たり前だと思っている日常も、いつ突然なくなってしまうかわからないものなんだと猛烈に痛感。

人生短く、いつ何が起きるかわからない。であれば、後悔しない生き方をしよう。今まで祖父母や両親が、当たり前のようにずっと与えてきてくれた「安全で美味しい食」「食を通じた幸せな時間」が私の原点だということが腹に落ちた瞬間でした。そして、覚悟が出来、会社を退職し起業しようと決意しました。

 

 

HASORAをインドで起業。会社員と起業の違いについて

2016年より双子の姉、舞さんと一緒にオーガニック野菜のデリバリーサービス『HASORA』を起業。現在はインド人スタッフも雇用。インターンの雇用も増やし、積極的にビジネスを拡大しています。

 

大角:HASORAの事業内容について教えていただけますでしょうか。

 

八田さん:「安全で健康な食を通じて人々の生活を豊かにしたい。」を理念に、契約農家で生産された無農薬野菜や果物のデリバリーサービスを提供しています。

HASORAは、有機農家さんと消費者さんを直接繋げ、より安全で新鮮で美味しい野菜を都市部に届けています。そして、有機農家さんがより持続的に農業が続けられるようより付加価値のある農業をサポートしています。

農村と都市部を繋ぎ、新しい食の出会いを生み出し、関わる全ての人のより豊かで充実した人生をサポートすることを目指しています。

2017年7月より、2時間程離れた日系工業団地へのデリバリーも開始しました。今後はオーガニックサラダやヘルシーランチ、お惣菜の提供も予定しています。

 

 

大角:実際にインドで起業をして、やってみてどうですか。

 

 

八田さん:すごくいろいろ大変です。インドという環境からくる大変さ、ビジネスがまだ始まったばかりという大変さ…。農家開拓、交渉、仕入れ、梱包、デリバリー、顧客開拓、営業、広報、web周り、事務、採用…まだまだやらないといけないことがたくさんあります!

 

 

大角:インドで起業することと会社員でインドで働くということは全然違いますか。

 

 

八田さん:全然違います!

会社に所属していた時との仕事の範囲が全く違います。
今は、まだまだチームも小さいので、総務系から、営業、広報、庶務、人事、会計など、とにかくなんでもやらなくてはなりません。特に会計や法務など、インドで働いていた時には、経験したことがない大事な仕事も多々あり。わからないことだらけで、苦労しています。

会社から毎月お給料が振り込まれることは、すごくありがたいことです。自分が1円も売上を作らなくても、給料って当たり前に入ってきますよね。当たり前ですが、起業したら、売り上げをあげないと給料はありません

また、大きな違いはリソース。きれいなオフィスや、車にドライバー…すべてにコストがかかっており、当たり前にリソースを割ける会社の仕組みってすごいなと、今改めて感じています。

人、物、お金…すべてを自分たちで用意して、マネージメントしなくてはいけないのは大変ですね。

 

 

大角:今のビジネスを通じ、やりがいを感じることどんなときですか。

 

 

八田さん「ありがとう」とか「美味しかった」という言葉。そんな些細な言葉にもすごく勇気をもらいます。

自分たちが作ったサービスに対し、お金を払ってくれるお客様に対して、感謝の気持ちを感じずにはいられません。 その方達の食生活が、少しでもHASORAを通じて、豊かになり、食卓で笑顔が生まれているのなら、それは本当に嬉しいことです。

また、私たちは農村と都市部を繋ぎ、新しい食の出会いを生み出し、有機農家さんのサポートをしたいと考えています。

今のインドの一般的な野菜市場では味と安全性を追求しても、野菜は高く買ってもらえません。美味しいもの(無農薬の野菜)を作ってもきちんと評価される仕組みがない。また農家はギリギリの生活をしているため、少しでも収入をあげるために、薬を使って野菜を大きくしたり、腐らないように薬の液体に野菜をつけることもあります。

そんな有機農家さんの販路を開拓して、Win-Winの関係が作れることにはやりがいを感じます。更にインパクトを与えるためにも、もっともっと事業を大きくしなくてはなりません。

 

大角:海外で起業する日本人女性も、少しずつ増えていますね。

 

 

八田さん:そうですね。日本にいるとなかなか見えない部分もありますが、世界で活躍している日本人女性はどんどん増えていると思います。

実は海外で活躍している女性は活躍の場はどんどん広がっているのではないでしょうか。インドでも4、5年前と比較すると、起業する方が少しづつ増えてきているように感じます。

 

大角:インドでの起業についてはどう思われますか?

 

 

八田さん:そうですね、インドでの起業は大変ですね。企業に属しながら、自分のやりたい事が出来るなら、そちらの道をおすすめします(笑)でも、そこまで言われても、それ以上に成し遂げたいと思える夢があり、覚悟が出来るなら、挑戦したらいいと思います。全く違う人生が待ってる思います。

 

 

海外就職をしたい日本人女性に向けたメッセージ

最後に、海外就職を目指す日本人女性に向けてメッセージを貰いました。

 

八田さん:海外に出るってものすごくハードルが高いことと感じるかもしれませんが、一歩踏み出して、実際に来て見ると、来る前とは全く違う印象を持つと思います。

世界で働く日本人女性はどんどん増えてきていますし、20代のうちは勢いを持って、その一歩を踏み出して欲しいです。

20代がいい理由は、柔軟性があり、吸収性が高い時期だからです。その時期に、日本とは違う環境に身を置いて、仕事をするということは、その後の価値観やキャリアに大きく影響を与えると思います。

自分の価値観が大きく揺さ振られたり、いい意味で、壊される経験は、自分の幅を広げるために、必要なこと。失敗してもやり直せるから、失敗をするのが怖いと躊躇しているのもったいないです。

絶対、一度は、海外に出た方がいい。

日本にいたら、出会えなかった素晴らしい人との出逢いや、経験。それは一生の財産になります。「やりたい」と迷っているなら、絶対やったほうが良いです。決断することは、意外とシンプルなこと。「やる」と決めるということ。 

自分の心の声に従って、一度きりの人生、思いっきりチャレンジして最高に楽しんでください。

 

大角:飛鳥さん、ありがとうございました。

 

 

編集後記

お忙しい中お時間いただき、インタビューにご協力いただきました。海外経験の豊富な飛鳥さんですが、日々いろいろな選択と決断を繰り返し進んでいる様子が伝わりました。

飛鳥さんのシンプルな思考法「決めたら実行する」ということは、一見簡単なように見えて難しいかもしれません。実際に行動に移し、インドで活躍し続ける飛鳥さんの姿は、日本の皆さんにとって勇気を与える存在だと思いました。

飛鳥さん、インタビューご協力いただきありがとうございました!【執筆:大角】

 

HASORAに関するインタビュー記事

安全で美味しい食を通じて人々の生活を豊かにしたい。インドで起業したHASORAの八田飛鳥氏にインタビュー!

インド:双子でオーガニック野菜を広める HASORA八田飛鳥さん

 

HASORA Instgram

. ★今週のお野菜-This week’s vegetables- / June.1, 2017★ . 6月ですね〜! お写真に写っていないものも含めて たくさんのお野菜・フルーツが入荷しております♪ . \\単品注文も可能です// お気軽にお問い合わせくださいませ。 ご希望のお野菜をHASORAマークの入った BOXに入れてご自宅までお届けしますよ* . Hello June! Many vegetables and fruits are available♪ This can be sold separately. Your favorite vegetables in HASORA BOX will be delivered to your home. . ーーーーーーーーーー From ウッタラカンド州/ Uttarakhand ・玉ねぎ/ Onion ・ジャガイモ/ Potato ・にんにく/ Garlic . From ハリヤナ州/ Haryana ・ギヤ/ Bottle Gouard ・ゴーヤ/ Bitter Gouard ・スイカ/ Watermelon ・トマト/ Tomato . From デリー・チャタプール/ Delhi, Chhatarpur ・オクラ/ Ladyfinger ・小ナス/ Small Eggplant ・ほうれん草/ Spinach . From ヒマーチャル・プラデッシュ/ Himachal Pradesh ・緑・黄色ズッキーニ/ Green and yellow Zucchini ・赤・黄色パプリカ/ Red and Yellow Capsicum ・ミニトマト/ Cherry Tomatos ・ベビーコーン/ Baby corn ・レタス/ Iceberg Lettuce . From アンドラ・プラデッシュ/ Andhra Pradesh ・バンガンパリマンゴー/ Benganpali Mango . From ウッタル・プラデッシュ/ Uttar Pradesh ・ツルムラサキ/ Indian Spinach ・空芯菜/ Water Spinach ーーーーーーーーーー . 暑い日々が続きますが、 美味しい野菜で元気に過ごせますように^^ . The hot days have continued, but we hope you are all well by eating delicious vegetables:)

HASORA 🌱Happy Organic Food🌱さん(@hasoraindia)がシェアした投稿 –


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です