関野 光剛(Mitsutaka Sekino)

好きな言葉
「機会を自ら創りだし、機会によって自らを変えよ」

新卒で株式会社リョーサンへ入社、半導体営業を経験。その後、株式会社インテリジェンス・株式会社リクルートキャリアと一貫して人材業界にて活動。リクルートにてグループ初のインド駐在員として、インドでのビジネスを軌道に乗せることに成功。

インドと日本の人材の架け橋になりたいという強い思いから、インド随一の成長都市グルガオンにてMiraist Private Limited起業。

メッセージ

インドの一番の魅力は、 今後世界で一番大きなマーケットになる可能性を持っていることと、人々がエネルギッシュで不思議な魅力がある国ということです。

自分の可能性を試したい、 大きなことにチャレンジしたい、 後悔した人生を送りたくない、 そんな思いを持っている人にはきっとマッチする国でしょう。

ぜひ【10年後の世界の中心、インド】で自分の可能性をためしてみませんか。

インド在住の日本人向けのフリーペーパーにて、以前インタビューを受けました!

「日印ハイブリッド組織を創り、シナジーを起こす」関野インタビュー


中村 優里(Yuri Nakamura)

コンサルタント中村

好きな言葉:
「涙の出ない仕事をするな。それが嬉し涙でも、悔し涙でも」

新卒で占いコンテンツ業界No.1の株式会社ザッパラスへ入社。

27歳を迎えた頃、「女性が結婚・出産後もキャリアを継続し、自分らしく生きられる社会にしたい」という想いから人材業界に興味を抱き、2017年1月より主婦に特化した人材会社・株式会社ビースタイルに転職。
広報・ブランディングを担当し、多様化する働き方や主婦層が抱える課題に雇用面からアプローチを目指した。
2018年2月からMiraistにコンサルタントとして入社。

メッセージ

20代最後の年を迎え、これまでの私を振り返り、そしてこれからどう生きたいかを考えました。
「”今しかできない事”なんてきっとない。ただ、そう思えるチャレンジをしたい。」

このような想いから、インドでのキャリアを築く事を決め、ここにいます。
インドという国は、可能性だけでなく多様な価値観や刺激がありふれています。

「百聞は一見にしかず。」
ビジネス視点から【インド】という国での可能性を、あなたのその目で確かめてみませんか。


森井 恵理(Eri Morii)

コンサルタント森井

好きな言葉:
Seize the moment

若者世代の人材育成に携わりたいという思いから、母校である岡山大学に入職。主に国際担当部門にて、大学の国際化に関するプロジェクト推進、学生の海外留学プログラムの企画・運営、学生へのサポートを担当。

他者のキャリア支援を、一人のプロとして担える人材になるという目標のもと自らのレベルアップのため、2017年7月よりインドにて営業職に従事。2019年1月よりミライスト入社。

メッセージ

「自分らしく生きる」とは、どういうことなんだろう?
様々な面で多様性が広く受容されるようになった現代は、しっかりとした自分軸を持っていなければ、自分らしさの実現がむしろ、従来にも増して難しい時代であるようにも思えます。

未来への可能性、ポジティブなエネルギーに満ちた国「インド」だからこそ見つけることのできる人生のヒントが、ここにはたくさん散りばめられています。

一度きりの人生をどう生きるか。インドという地で私たちと一緒に考えてみませんか。