【JICA共同プロジェクト】IIT・IIM中級経営幹部コース受講人材 面接会開催のお知らせ

JICA共同プロジェクト

この度、JICAとMiraistの共同でインド人経営幹部候補生の面接会を開催いたします。

JICAが12年に渡って支援してきたインド製造業経営幹部育成プロジェクトにおいて、インドの有名大学であるインド工科大学(IIT)およびインド経営大学院(IIM)と合同プログラムを実施し、日本式経営手法を含めたノウハウを提供しています。

こうした次世代の経営幹部候補生を、日本企業の皆様に紹介しインド市場におけるビジネス成功のために活用していただこうと今回の面接会を企画しました。

次世代経営幹部候補人材と直接お会いできる貴重な機会ですので、是非ご参加ください!
参加費は無料です。

 

 

【3つのメリットがあります!】

①IIT・IIM幹部候補人材

JICAのインド製造業経営幹部育成プロジェクトにおけるIITとIIMとの合同プログラム受講の社会人経験5-10年の次世代経営幹部候補人材と会えます。

 

②日本企業への 高いフィット性

日本式経営手法を学習した候補者なので、日本企業へのフィット性の高い、かつ希少な幹部候補と会えます。
日本での研修も実施済みで、日本への理解が深いです。

 

③日本人による 事前面談

日本人コンサルタントが事前面談を行います。
日本語説明含む履歴書にて、企業様が事前に面接IIT・IIM学生採用は希望者を複数指名できます。

 

 

◆開催日時・会場

1.北インド面接会:2019年10月18日(金)9:00-18:00 

NOIDA Outreach Center – IIT Kanpur
C Block, Sector 62, Gautam Buddh Nagar, Noida, Uttar Pradesh 201309

 

2.南インド面接会:2019年10月21日(月)9:00-18:00

IIT Madras
Indian Institute of Technology, Chennai, Tamil Nadu 600036

 

◆面接会内容

企業様・候補者の個別面接セッションを行います。

今回、面接会参加候補者全員37名分のレジュメを、日本人コンサルタントによる面談コメント(カバーレター)とともに、参加検討企業様に展開しております。企業様が面接希望の候補者を選定、ご指名頂いた候補者との面接に臨んで頂きます。

※面接候補者の面接の時間・順番は、事務局にて決定させて頂きます。
※できる限り多くの企業様に面接設定を試みますが、企業様応募がキャパシティを超えた場合は、御希望に添えない可能性がございますことをご了承下さい。

 

◆お申し込み方法


2019年10月14日(月)〆切までに下記申込書をダウンロードしていただき、必要事項を記入の上、本件担当宛て(info@miraist-india.com)にEメールにてご提出ください。
※件名:面接会参加申込

Application form

 

 

 

 

■候補者リスト37名分(URL)
業界ごとに区分けをしております。ご興味ある業界のURLをクリックしてください。

自動車・2輪候補者リスト_1-11

製造業候補者リスト_12-21

プラント候補者リスト_22-30

その他の候補者リスト_31-37

※以下、全ての業界候補者リストとなります。

全業界候補者リスト_1-37

 

※ご不明な点は以下までご連絡ください。
+91 93197 88211 (PJT担当:森井)
+91 98214 48767 (PM: 関野)

 

◆費用について

JICAとMiraistの共同プロジェクトである面接会への参加費は無料となります。

尚、本面接会参加後、企業様がMiraistによる内定・入社に至るまでの採用支援をご利用いただき採用が決定した場合には、企業様が当該候補者へ提示した理論年収(CTC)の10%(税別)をMiraistが手数料として頂戴致します。

※上記手数料率は、あくまでも当該プロジェクトのみに適用される特別料金となります。Miraistとしては、JICA支援のプログラム修了生である優秀な製造業幹部候補人材が、インドで奮闘される日系企業の皆様の更なる事業の飛躍の一助となればと考えております。
※上記採用にかかるご契約については、面接会参加後にご締結頂く必要がございます。

 



◆参考情報

参考情報


・JICAのインドにおける製造業経営幹部育成プロジェクト(VLFM/CSMプロジェクト)

【資料】
https://www.jica.go.jp/india/office/activities/project/ku57pq00002251i0-att/25_pamphlet.pdf

「製造業経営幹部育成支援プロジェクト」
(Visionary Leaders for Manufacturing:VLFMプロジェクト)

「包括的成長のための製造業経営幹部育成支援プロジェクト」
(Champions for Societal Manufacturing:CSMプロジェクト)

 

VLFM/CSMプロジェクトは、日印首脳会談で合意された国家プロジェクトです。

2016年11月に開催された安倍首相とモディ首相との日印首脳会談では、当該プロジェクトは、インドの製造業振興政策である「Make in Indiaに向けての価値ある日本の貢献」と評価されるとともに、「産官学の連携によるユニークなプロジェクト」と言及されています。

 

・中級経営幹部コース(今回の対象候補者)

インドの工学及び経営のトップスクールの連携で運営されるインド初の1年間フルタイム技術経営コースです。
生産技術、財務、マーケティング、企業論等を学ぶとともに、日本研修を通じて日本のものづくりの真髄を学びます。

参加者はコース修了後に、①インド国内で働くこと、②製造業に貢献すること、③リーダーとしての役割を担うことの3つの責任が課せられています。

 

対象者:製造業界の若手幹部(将来の技術系経営幹部を目指す人達)

年齢層:20代後半~35歳位

企業勤務経験:5年程度

大学の専攻:工学系の学位を持つこと

参加形式:自主参加、企業からの派遣

参加費:自費、企業負担

定員:約40名

運営主体:IITカンプール、IITマドラス、IIMカルカッタの3大学の共同運営

(3大学を順次移動し、各大学の得意分野を学ぶ)

履修期間:1年間(4月から1年間)

講義形式:レジデンシャル(住み込み)方式。全寮制式の共同宿泊でのコースワーク。3大学での学習終了後、インド企業でのインターンシップを行い、その後、約2週間の日本研修を実施。

教授方法:スキル40%、講義60%

その他:2007年8月から2017年1月までに10期341名が修了。
修了生には、IITカンプール、IITマドラス、IIMカルカッタの3大学連名の学位を授与。修了生は、インド有数の製造業に就職し、幹部候補性として前職より高い役職に就いている。

 



次世代経営幹部候補人材と直接お会いできる貴重な機会ですので、是非ご参加ください!

 

電話お問い合わせ