インドの法律ができるまでの流れ

インドの法律が施行されるまでの流れは、大きく5つ。

1.法律案の提出 ※この段階での法律内容の変更は可能
2.内閣の承認 ※この段階での法律内容の変更は可能
3.議会の承認 ※この段階での法律内容の変更は可能
4.インド大統領の承認 ※法律内容の変更不可
5.公告 政府により法律の適用日時が官報を通じ公告の発行

【賃金法2019】Code of Wages, 2019

Stage of act:大統領の承認済み・公告待ち

Applicable Acts(適応しうる法)

Before After
1.The Payment of Wages Act
2.The Minimum Wages Act
3.The Payment of Bonus Act
4.The Equal Renumeration Act
1.Code of Wages

Key Changes

Before After
労働力が少ない特定の事業所(20人以下)に適用
Applicable on certain establishments with more than few workforce
すべての事業所に適用
Applicable on all establishments
賃金、昇進、その他の福利厚生に対する女性に対する差別はできない
No discrimination against women for wages, promotion or other benefits
賃金、昇進、その他の福利厚生に対するいかなるジェンダー に対する差別は一切できない
No discrimination against any Gender for wages, promotion or other benefits
州政府が各自で決定した最低給与
Minimum Salary to be paid as decided by the Local State Government
州政府の最低給与は、中央政府設定値よりも同じかそれよりも高く設定する必要がある
Floor rate(Minimum Salary) fixed by Central Government, and also by State Government. State Government has to fix same of higher than Central Government
給与の支払いは、翌月の10日までに行うことができる(現金、小切手またはオンライン)
Payment of Salary could be done by 10th of next month Cash, Cheque or online
給与の支払いは翌月の7日までに行う(小切手またはオンラインのみ)
Payment of salary has to be done by 7th of next month (Cheque or online only)
月額Rs.21,000未満の従業員に法定ボーナスの支払いを義務付け
Mandatory Payment of Bonus only to people drawing less than 21,000 per month
地方州政府が決定する法定ボーナス額の支給義務化
(例:所属州政府が仮にRs.25,000と設定した場合、Rs.25000以下の社員には法定ボーナスを支払う義務が発生する。)
Mandatory Payment of bonus (salary coverage) to be announced by local state Government. Payment to be made as if the employee is drawing salary notified by Government as coverage and not actual salary
設立から最初の5年間で会社が利益を上げた場合、法定ボーナスの支払い義務がある。Mandatory bonus paid in first 5 years only if company makes profit. 設立から最初の5年間で会社が利益を上げた場合、法定ボーナスの支払い義務があるMandatory bonus paid in first 5 years only if company makes profit.
特定のカテゴリの従業員には給与明細が必要。
Salary slips required for certain category of employees
全ての従業員に毎月給与明細を配布する必要がある(Worker含む)
Everyone needs to be given a salary slip monthly
Employee という言葉は定義されていなかった
Employee not defined
月給INR15,000以下で、管理系マネジメントタスクに従事しない従業員はWorkerと定義Employee is defined, and employee drawing salary less than 15,000 per month and not doing administrative of managerial task is a worker

確認事項

1)給与明細(サラリースリップ)が契約、派遣社員、その他のスタッフを含むすべての従業員に配布されているかどうかを確認する。
2)翌月7日までにオンラインにて、すべてのスタッフ(契約スタッフを含む)へ給与支払いが行われる旨がHRポリシーに記載されている必要がある。
3)反差別に関するHRポリシーを詳細に作成し、ポリシーは具体的な事例についても言及し、差別とは何か、何が禁止されているかを従業員に説明する必要がある。
4)会社内でシステムが整備されているかの確認。社内でどの担当が政府に必要書類を提出する責任を与えられているかを確認する。

1)Please check if Salary Slips are being paid to all employees, including contract, temporary and other staff
2)Make a HR Policy which declares payment of salary by the 7th for all staff (including contract staff) and payment to be made online
3)Make a detailed Anti Discrimination HR Policy, the policy will have to talk about examples and explain to employees what discrimination is and what is prohibited
4)Ensure a system is put in place and an individual is given the accountability(responsibility) of filling all return with the Government from time to time . 

The Occupational Safety, Health and Working Conditions Code, 2020

Stage of act:大統領の承認済み・公告待ち

Applicable Acts(適応しうる法)

Before After
1.The factories Act
2.The mines Act
3.The dock workers safety health and welfare act
4.The building and other construction workers regulation of employment and conditions of service Act
5.The plantations labor Act
6.The contract labor regulation and abolition Act
7.The inter state migrant workmen regulation of employment and conditions of service Act
8.The working journalists and other news paper employees conditions of service and Misc Provisions Act
9.The working journalist fixation of rates of wages Act
10.The motor transport workers Act
11.Sales promotion employees conditions of Service Act
12.The Beedi and Cigar workers conditions of employment Act
13.The cine workers and cinema theatre workers Act
1.The Occupational Safety, Health and working conditions Code, 2020

Key Changes

Before After
適用性は、業界や場所で異なる
Applicability differed from industry and location
従業員10名を超える全ての事業所で適用される
Applicable to all establishments having more than 10 employees.
特に登録は必須ではない
Registration not mandator
適用されるすべての事業所は登録する必要がある
Every establishment applicable has to take registration
健康診断の言及はない
No mention of health check ups
政府からの指示で、年間健康診断が無料で特定の従業員カテゴリーに提供される。(例えば、CTC〇〇ルピー以下の人が対象と、政府よって通知される)
Annual health check up to be provided to a certain class of employees free of cost. (the class of employees will be notified by Govt)
アポイントメントレター提示は必須ではない。
Appointment letter issuing not mandatory in all locations
アポイントメントレター提示は、すべての人に必須(WORKERも含む)となる。Appointment letter to be issued mandatory to all
健康と安全の施策は全ての就業場所を網羅してない
Health and safety not covering all establishment
健康と安全はの施策は、すべての事業所と工場にて網羅される必要がある
Health and safety covers all establishment and factories
有給(EL)について、標準ルールはこれまでなかった。
Earned leaves not standard across the country
一律でELは18日となる。またELとELの間のホリデーは加わらないと定義。
(※これまでの事例で、例えば土日休みの企業で、金土日月と連続した休みを取得した場合、企業によっては土日をELと計算する事例があったので、それを明確に正す形となる)Earned leave 18 and holidays in between leaves are excluded

確認事項

1)すべてのスタッフ(契約スタッフを含む)にアポイントメントレターの提示がなされているかを確認する。アポイントメントレターの内容が正しく作成されているか、様々な側面から確認する必要がある。
2)健康、安全、ウエルビーイング(社員が満足している状態・幸福感)に関する詳細なHRポリシーが作成されている必要がある。
3)LEAVE POLICYが法律に準拠しているか、また、内容が適切かレビューされている必要がある。
4)会社内でシステムが整備されているかの確認。社内でどの担当が政府に必要書類を提出する責任を与えられているかを確認する。

1)Please check if all staff (including contract staff ) have appointment letter. the appointment letter should be correctly made which is appropriate and talks of various aspects.
2)Make a detailed HR Policy on health, Safety and well being as per this law and other practices.
3)Review the Leave policy to be in compliance to this law.
4)Ensure a system is put in place and an individual is given the accountability of filling all return with the Government from time to time

The Industrial Relations Code, 2020

Stage of act:大統領の承認済み・公告待ち

Applicable Acts(適応しうる法)

Before After
1.Trade Unions Act
2.Industrial Employment (Standing Orders) Act
3.The Industrial Disputes Act
1.The Industrial Relations Code, 2020

Key Changes

Before After
業種や場所によって適用範囲が異なる
Applicability differed from industry and location
チャプターごとに適用可能性が異なる。法全体がすべてに適用されるわけではない
Applicability differs from Chapter to Chapter. Entire Act not applicable to all.
雇用者・従業員ともにプロビデントファンド(PF)は12%の拠出
Provident fund contribution is 12% and matched by employer
プロビデントファンド(PF)の拠出率が10%となる。
従業員は率を上げることができるが、雇用者は上げないという選択もできる。
Provident fund contribution is 10% and employee can increase, but employer can choose not to increase their share.
医療保険は任意である。一定の給与(Rs.15000)より少ない支給の従業員には、ESIC (Employee State Insurance Company)の保険が付与。
Medical insurance optional, and only ESIC for employees getting salary less than a certain salary (15,000)
10名を超える全ての事業所にESIC (Employee State Insurance Company)の保険制度が適用される。ESICの対象となる全従業員に対して医療保険が義務付けられている。(民間の保険が許可されるか、政府から別途通知を受ける)
ESIC applicable to all establishment greater than 10 employees. Medical insurance mandatory for all employees covered in ESIC. (Whether private allowed, to be notified)
一定の条件を満たした正社員に支払われる退職金(※10名以上の会社で5年以上勤務)Gratuity paid to permanent employees 有期契約社員(Fixed term contract)にも退職金が適用となる。
Gratuity paid to Fixed Term contract also
出産給付金は最大26週間
Maternity benefit is Maximum 26 weeks
出産給付金は最大26週
Maternity benefit is Maximum 26 weeks
死亡時または永続的な障害時に支払われる従業員補償
Employee Compensation to be paid at the time of death or permanent disability
死亡時または永続的な障害時に支払われる従業員補償
Employee Compensation to be paid at the time of death or permanent disability
給与と福利厚生の削減についての言及は無い
Salary and benefits reduction did not see any mention
給与と福利厚生の減額はできない。(CTCとは別に医療保険を付与する必要がある)
Salary and benefits can not be reduced only for not being able to contribute to Schemes of this Code
NA 社員の出勤状況、就業状況、サラリースリップや採用状況(欠員)等を政府に伝える必要がある。
(※当該業務の担当者がアサインされる必要がある。詳細は別途政府から共有される。)Attendance, hours worked, salary slips and vacancies where hiring could not be done record to be kept
政府系企業は雇用報告義務がある
Hiring reporting for Government companies
企業が行う必要があるすべての雇用は、政府のキャリアセンター(今後創設予定)に報告する必要がある。(例外措置有。
人員が20人未満の場合、また給与xxx未満の場合を除く等。詳細は別途政府から通達予定)
All hiring that a company has to do should be reported to Career Centre of Government. (except when headcount is less than 20 and if hiring is for a role of salary less than xxx )
N/A コンプライアンスに準拠して行われ、システムにおいて確認が取れているような業務プロセスを確立していたことを証明できる場合、Directorに対する処罰はなく、責任を負わない。Punishment to Director is not liable if they can prove that they created a process to ensure that compliance is done and had checks and balances in system

確認事項

1)死亡また事故に備え、従業員の補償に関するコンフィデンシャルポリシーを作成する
2)社会保障に関する人事政策(PF、退職金、ESICなど)を作成する
3)会社内でシステムが整備されているかの確認。社内でどの担当が政府に必要書類を提出する責任を与えられているかを確認する。

1)Create a confidential policy on employee compensation in cases of fatality or accidents
2)Create HR policy on social security (PF, Gratuity, ESIC etc)
3)Ensure a system is put in place and an individual is given the accountability of filing all return with the Government from time to time